ひよりの日々の成長記録中
Calendar
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Profile
ひより生後0日
Graph
Latest Entry
Comment
Category
Archives
Amazon

日和姫

うちの姫です。
Slide Show
Blog List
Other


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
陣痛〜分娩〜誕生
あたしを皮切りにどんどん陣痛室へ来る妊婦さん。陣痛室がいっぱいになったので、
分娩室で子宮口全開を迎える事になるが、9センチからが長い!!!!
破水すれば全開らしいが、全然破水せず血ばかりでる状態。
ずーっと旦那さんに当り散らし、叫びまくる。
しかも胎児が横向いてお尻の方を向いてないからまだまだと言われる。
何回かでかい波が来たのに全開にならない。
「お願い破水させて!そして下むいて!」と念じる。
助産師さんが見兼ねて、羊膜をやっと破ってくれて破水!
早くやってよ〜!!!!!!
「羊水も濁ってきてるわ。赤ちゃんも辛いみたいだね。」
ここからも数回陣痛が来て叫びまくる。やっと天の声。
「子宮口全開になったよ!」
ふぅ〜やっと終わった!と思ったのも束の間。

旦那さんが分娩室を出る。(立会いはNGなので)

ここからがやっと本番。分娩の開始なわけです。
既にこの段階で9割の体力を使っているので精神的にダメージを受ける。
旦那さんもいなくなるから当る相手がいない!やたらめったら助産師さんに
「いつ終わるんですか?」と他人事のように聞き続けるあたし。

「出てきたら」

と普通に言われる。

ぞっとしながら、助産師さんの呼吸法に合わせていきみ出し、排臨を促す。
この波が陣痛の痛さを超えてる!しかも自分の呼吸法と合わず2回しか頑張れないのに
3回目の波がきていつも叫ぶ。とにかく3回目が怖い。汗も凄いが、分娩台で大暴れして頭の近くに置いてた氷水が倒れて背中が全身びしょぬれ。
早く終わらせたい一心でいきみ続けると助産師さんが急に次の段階の用意をしだす。
どうも発露を迎えたみたい。
「もう頭ががっちり止まってるよ。お産の準備するね。」
そこだけ空気が止まったかのようにおっとりした雰囲気。
「5時台には終わらせるからね。約束する。よくやった。今日のMVPだよほんと。」
と言われて笑うと「まだまだ余裕じゃん!」と突っ込まれる。股から頭出てる状態。(笑)
先生と助産師さんがもう一人増え、波に乗って呼吸を助産師さんと合わせてるが先生は
助産師さんの後ろで眠そうに突っ立ってる!
「おいおい、何もせえへんのかよ!突っ立ってるだけかい!」と内心突っ込みまくってたが、切開の時だけ前に登場!しかも超テケトー!(笑)

そうこうしてると助産師さんに頭を掴まれてグルグル回されていきみ逃し!
赤ちゃん登場!

切開された時に麻酔されてたからか全然出てきた感触がない!いつの間に?!

5時34分

産声を聞いて助産師さんが「女の子だよー!おめでとう!」
臍の緒を切ってお腹の上に置いてくれる。「手と足だけ触って下さい」といわれて
ヌルヌルの手足を触るとなんか泣けてきて陣痛でも泣かなかったのにこの時ばかりは、
感動してる自分に気づく。

「ありがとうございますぅ〜。(泣)」って言ってた。

そうこうしてると突っ立ってただけの先生が胎盤を取り出してるじゃないですか!
しかも赤ちゃん出てきた痛みよりこれをはがされてる痛みの方が痛い!
「イタタタタタタタ」って言ったら「胎盤出してるからねー。」とお腹をぐいぐい
押し捲る。先生!仕事してる!(笑)
どうも胎盤しっかりしすぎてなかなかとれないらしい。
赤ちゃんがでてくる感触より胎盤が出てくる感触の方が判る。
その後、すぐに縫合作業。かなりチクチク縫われる…。どんだけ切ったの?!
と心配になって縫合後立て続けに分娩台に2人乗っているから助産師さんも先生も
バタバタしてて放置…あの…股開いたまんまなんですけど…。
急に恥じらいが出てくるが、赤ちゃんも沐浴された後はあたしの頭の右上の場所に放置。
余りにも泣かないので死んでないか心配になる。

やっと助産師さんがきて色々洗い流してくれて介護状態。
それから数分後、「そろそろ後ろ支えてるから回復室(陣痛室)移動してもらおうか」
といわれて陣痛室のベッドまで歩く。薬が効いてるのかあんまり痛くない。
横になってやっと旦那さんが呼ばれて久々に会う。

そうこうしてると肌着を着た我が子が登場!
初めての抱っこは、旦那さんが…。

とにかく陣痛室、分娩室ともに大パニック状態の叫び声。

「あなたが最初に声出しちゃったから皆が声出してもいいと思って賑やかな一夜になったわよ。静かな時はほんと静かなんだけどね〜。」

「ほんとすみません。いつ終わりますか。とかやたらめったら聞いたりして、ほんとお産なめてました。二人目とか今絶対考えられないです。」

「覚えてるならいい方だよ!それに2,3年したら欲しくなったりするんだよー。この痛み忘れちゃうんだよね。ウフフ〜」

生後0日

在胎日 41週0日

体重  2955g

身長  49.4cm
| 誕生 | comments(0) |
陣痛
夜中から前駆陣痛発生!30分毎が10分毎に9時頃にはなったので病院に連絡し
慌てて行くが、外来診察で子宮頚管が長いからという理由で一回帰されてしまう。
痛いのに産めないこの苦痛。診察した院長先生を恨みそうになる。
相変わらず10分毎の陣痛が来てるのにファミレスでお昼を食べて、
その院長先生から「歩け」といわれたのでファミレスから家まで30分苦痛に
耐えながら休まず歩く。

家に帰っても相変わらずおしるしの量が半端なく、陣痛は5分おき。
また連絡して帰されるのが怖いので3時間くらい耐える。スクワットとかしてみる。
たまらず電話して再度病院へ…
今朝の陣痛とは比べ物にならない位の痛みが病院までの車の中で繰り広げられる。
既に余裕なし。

病院に着いて陣痛室へ…帰らなくて済んだ!
ということは何時間後には産む事になると覚悟を決めるが、子宮口がまだまだ3センチ。
波のように来る陣痛。堪らず声をあげて叫ぶことが増え始める。

つづく
| 誕生 | comments(0) |
1/1